宿泊
お金
日本のタイ
タイの友達
気づいたことをぼちぼち書き足していきます。

宿泊に関して
どこで予約するか?
によって、金額が変わります。
シングルでもダブルでもツインでも基本的に値段は変わらないので、2人で一部屋なら一人当たりの部屋代は半額ということになります。
例えばグランドプレジデント、タワー3、ダブル、朝食付、の場合...
・飛び込み:B1600
・ドンムアン空港で予約:B1500
・インターネットで予約:B1400
・日本の代理店で予約:B1400
・現地の代理店で予約:B1200〜1400(仕入れはB1100らしい、マージンのとり方が適当)
といった感じになり、「大差ないじゃん?」と思われるかもしれませんが、高級ホテルでは価格差が激しいです。
できれば信頼できる現地代理店に任せたいところです。

ホテルのランク
は、大体こんな感じでしょう。
・〜B200:ゲストハウス、旅社(エアコンなし、シャワートイレ共同)
・〜B500:高級ゲストハウス(エアコンあり、シャワーは微妙)
・〜B700:低級ホテル(個室シャワートイレあり)
・〜B2000:中級ホテル(バスタブあり、ホテルレストラン、プール利用可)
・〜B5000:中−高級ホテル
・B5000〜:超高級ホテル(世界中で名前が知られているようなところは、やっぱり高い)
B1000前後に手ごろで便利なホテルがたくさんあります。
B500以下だとセキュリティーとか衛生面が気になるので、短期旅行にはお勧めできません。
B2000以上出す場合は、ホテル滞在そのものに価値を見出すということなのでしょう。

ジョイナー・フィー
というのは、仲良くなった友達を部屋に泊める場合に必要なチャージです。
1泊B1000程度の中級ホテルの場合、ジョイナーなしのホテルもあればB200〜400程度必要な場合もあります。
また、ゲストのIDカード(タイ人は16歳から身分証明書の携帯を義務付けられています)はフロントで預かるホテルが大半です。
余談ですが、IDカードに書かれている生年月日は仏暦で、543を引くと西暦になります。
(例)IDカードに2528とある
2528-543=1985年生まれ、現在2002年なら17歳
ダメじゃん!(タイの法律でも18歳未満の淫行は違法)


お金と価値
2002/1現在、B100=¥300で計算しやすくなってます。
一番小さいコインが25サタンで、一番小さいコイン(日本でいうと1円玉)
下の白っぽいのがB20(=約60円)で、メイドさんとかへのチップはこれです。
青いお札はB50、これだけ樹脂が使われているようでスベスベしています。
上の赤っぽいお札がB100で、買い物にも一番良く使います。

さて、為替としては3倍なわけですが、実際の貨幣価値はどうなのでしょう?
Thai BJPY
1世帯あたり平均収入B12000\36,000
1人あたり平均賃金B6700\20,100
電気関連サラリーマン月収B13000\39,000こんなもんかな?
デパガ、ウェイトレス月収B8000\24,000ちょっときびしい?
タイ人向け1DK家賃B4000\12,000安アパート
日本人向け2LDK家賃B12000\36,000ちょっと高い
クイッティオB20\60日本の立ち食いそばと比較して考えると納得
マイルドセブンB55\165免税店とほぼ同じ
タイのタバコB20\60
ビール(小瓶)B30\90
タイ米(10Kg)B150〜\450〜
TシャツB50〜\150〜
列車B5〜\15〜アユタヤまでB15
バス(赤バス)B3.5\10エアコンB10〜
タクシーB35〜\105〜
渡し舟B1〜\3〜ワット・プラケオ〜ワット・アルンはB2
カラオケ(1時間+ボトル)B2000\6,000日本だと\20,000くらい

ものによっても違いますが、タイバーツ×10倍程度と考えるとシックリしますね。

日本のタイ(レストラン、パブ)
レストランは「キンナリー」か「サワディー」に行きますが、食べ物(1000〜2000円)を2品頼んでビールを飲んでると4千円くらい。
居酒屋で飲むより高くついちゃいますが、たまにはいいでしょう。
タイの高級レストランで同じことをするとB400くらいなので、まあそんなもんですかね?
屋台ならB150くらいで済んじゃいますけど...
キンナリのマスターは奥さんがチェンマイの人で、この界隈のタイ情報に詳しいです。

飲み屋さんはたくさんあるんだけど、私の行くのは比較的堅いところで「ニュー・ラマ・パレス」「金魚」「マイタイ」です。
(他にもたくさんあるんですが、最近行ってるのはこんなもんです)
ラマは一番大きいお店で、一番最初にここのワーキングで来る子が多いため、金魚にしても、マイタイにしても、「元ラマ」の子が多いです。
2年位前に料金体系が変わって、最初の40分だけが安くて、まったりするには具合の悪い店になっちゃいました。
金魚は昔かなーり通ってたんですが、担当の子が抜けてからご無沙汰してて、最近また顔を出すようになりました。
ちなみに、日本のタイ人興行(タレント)ビザは179しか登録されていません。
8割くらいは学生ビザ(約1800人)だと思いますが、それでもかなりの人数が上野周辺に集中していると思われます。

タイの友達(chatやe-mailで話そう)
E-Mailなんて便利なものが使えるようになってから、向こうの子とお話するのが楽チンになりました。
向こうで知り合ってE-Mailを交換しているのは、今回テルメで知り合った子を入れて3人になります。
それ以外にはICQというchatソフトで知り合った子がやはり3人いて、E-mailも使いますがほとんどrealtimeでchatを楽しんでいます。
chat友達のJubiちゃんは写真の右手前の子、16歳の高校生です。
今回バンコクで会おうという話もあったんですが、試験前とかで逢えずじまい...
また今度ね!


BACK TOP NEXT